ここでは舌のしびれについて、まずは舌の構造と役割について詳しく説明していきます。

私たちは普段から舌を意識せずに機能させています。舌は比較的単純な構造をしているにも関わらず、実に様々な動きと色々な役割を持ち合わせています。
舌が味を感じることも出来なければ、食べることさえままなりません。舌はどのような構造と役割を持っているのでしょうか?


sponsored link




舌は筋性組織で構成されていて、主に2つの筋肉で出来ています。舌の形状を変化させる内舌筋という舌筋群と、舌を前後左右に自在に動かす外舌筋という舌筋群から出来ています。舌の内部に骨は無く、表面は粘膜で覆われていて、糸状乳頭・茸状乳頭・葉状乳頭・有郭乳頭など4つの舌乳頭があります。
舌の根元部分は舌根、口内の可動する部分は舌体、舌の先端部分は舌尖と呼ばれます。

舌の役割は、咀嚼や嚥下などの消化器官としての役割、味覚を感じる感覚器官としての役割、言葉を自在に使い分ける発声器官としての役割、といった3つの主な役割が挙げられます。

【咀嚼・嚥下】
口内に含んだものを歯とともに飲み込みやすい状態へと変え、食道へと運ぶのが咀嚼と嚥下です。舌が自在に動き形状を変化させることで、スムーズな咀嚼と嚥下を可能としているのです。

【味覚】
舌の役割としてもよく知られているのが味覚を感じる役割です。舌の4つの舌乳頭のうち、有郭乳頭・葉状乳頭・茸状乳頭にある味蕾の味細胞が科学物質により刺激されると、舌神経、舌咽神経の感覚枝により大脳の味覚中枢に伝えられ、味を感じます。
味の種類は主に甘味・苦味・酸味・塩味の4つの基本味と、さらにうま味の混合からなっています。4種の味は舌のどこでも感じますが、部位により量的な差があり、苦味は舌根、酸味は舌縁、甘味と塩味は舌尖で主に感じられるようになっています。

【発声】
この場合の発声というのは、声を出すというよりも発音に関してのことです。舌の動きや形状変化によって、出す音の種類の幅を広げ言葉を成立させています。
例えば日本語では「ら行」がそれにあたります。「ら」という言葉を発音する際には、必ず舌を上あごに付けて弾くような動きをする必要があります。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 痺れるメカニズム

⇒ 舌のしびれの原因

⇒ TOPページへ戻る


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
sita4bire★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。