ここでは舌のしびれと関係する病気、糖尿病について詳しく説明していきます。

糖尿病とは生活習慣病のひとつで、慢性的に血糖値が高い状態になる病気です。予備軍も含めると日本人の10人に1人とも言われるほど、私達には身近で且つ怖い病気の代名詞でもあります。
糖尿病の症状は、高血糖状態が継続することによって体の至る所で様々な症状を起こします。そして舌のしびれが糖尿病の初期症状として現れる場合もあり、舌が痺れることが糖尿病のサインとなることもあります。


sponsored link




【糖尿病について】

糖尿病にはT型とU型があり、それぞれ原因や症状に違いがあります。
【T型糖尿病】
膵臓で作られるインスリン(血中のブドウ糖を筋肉や肝臓などに取り込んで血糖値を下げる働きを持つホルモン)が、何らかの原因によって作られなくなって発症する糖尿病です。インスリンを分泌する膵臓のβ細胞が破壊されて起こるもので、小児期に起こることが多いことから別名「小児糖尿病」とも呼ばれています。
自覚症状としては、突然のどが渇く、尿量が多くなる、急激な体重減少などの症状が見られやすいです。

【U型糖尿病】
インスリンの分泌が少なくなったり血糖値を下げる働きが低下することで発症する糖尿病です。中高年以降に多く、肥満や運動不足、ストレスなどがきっかけとなります。遺伝も深く関わっていて、もともと日本人はインスリン分泌が弱い人が多く、4つのタイプの中でも9割以上を占めています。
自覚症状が乏しく、何の症状も自覚しないまま発症しているケースが多く、合併症が進んでから気が付くパターンも少なくありません。

【糖尿病と合併症と症状】

慢性的に血糖値が高い状態が続くと、それによって合併症を引き起こす可能性が高まります。
糖尿病性網膜症
網膜の血管が障害され、次第に視力が低下していきます。成人の失明原因の第一位でもあります。
糖尿病性腎症
腎臓の働きが低下し、高血圧や蛋白尿などが現れます。進行すると腎不全や尿毒症を引き起こす恐れがあり、腎疾患で人工透析を受ける患者の第一位でもあります。
糖尿病性神経障害
末端神経の伝達が障害され、手足がしびれたり痛みや知覚異常などが起こります。左右対称性があるのも特徴的です。舌が痺れる場合にはこれが原因となっている可能性もあります。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 舌痛症

⇒ 喫煙・飲食物などの刺激

⇒ 亜鉛欠乏症

⇒ 鉄欠乏性貧血

⇒ ハンター舌炎

⇒ 舌腫瘍・舌癌

⇒ 三叉神経痛

⇒ 舌咽神経痛


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
sita4bire★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。